久しぶりの更新

ながらく更新しておらず申し訳ありません。
諸事情により更新できずにおりましたが、毎日稽古と本番で充実した日々を送っております。


7月のルチアは大盛況のもと無事終演。また一つ新しい作品に向き合うことができ、大変いい時間でした。

7月よりフランス語ディクションのレッスンに通いだし、9月末にはカルメンに出演、スニガ役を演じました。
「舞台上から見る指揮者」というものは大変勉強になるもので、一年に一本は出演するようにしておりますが、今回は初のフランス語ということもあり、四苦八苦。
また人生で初の殺陣に挑戦させていただき。
男の子というものは、剣を持つとやけにテンションが上がるもので、不思議な世界でした。

ちょっともどり8月は合宿月間。母校の部活青山フィルハーモニー管弦楽団の合宿に参加、指導させていただいたり、指揮の門下合宿で鍛えていただいたり。門下合宿では今の自分の立ち位置がよくわかりました。

また8月は、指揮させていただいております、すみだオペラ合唱団で、すみだ音楽祭に参加。
マエストロ珠川先生のもと、200人以上の吹奏楽団と共にアイーダの凱旋行進曲を歌いました。

9月に入りますと、都民交響楽団「ダフニスとクロエ」にてエキストラ。
「ダフニス」はN響さん・準メルクルさんで数年前に歌わせていただいて以来。難曲でしたが、フランス音楽の波に存分に乗ってまいりました。
都民交響楽団さんは、アマチュアオーケストラながら大変整った技術とアンサンブルで、驚くばかりでした。

9月はその他にカルメンがあり、また札幌で歌う機会にも恵まれました。これに関してはまた触れさせていただきます。

いよいよ10月になるとスケジュールが恐ろしいことになり。
毎日違う演目の稽古、一日三本こなすことも少なくはありません。
飛び回ってます。

そして今日、10/21はNPO法人オペレッタ協会「チャールダーシュの女王」本番です。
なんと本番を振るという意味ではオペレッタデビューなことに数日前に気づいて身震い。
キャストはベテラン勢ばかり、冷や汗かきかき、全力で当たって…砕けないけどな!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

吉田拓人

Author:吉田拓人
吉田拓人
指揮者、声楽家。
東京都立青山高等学校を経て、国立音楽大学声楽専修卒業。指揮者コースにて学ぶ。
オーケストラアンサンブル金沢指揮者講習会にて井上道義氏に学び、優秀者コンサートに出演。
蝶々夫人、こうもり、カルメン、フィガロの結婚、ドンジョヴアンニ、魔笛等オペラにおいて様々な公演で副指揮、音楽スタッフとして活躍中。
また、指導者として、合唱、吹奏楽、ブラスバンド等多ジャンルで活動している。

本番情報
出演情報を載せていきます。
現在活動休止中
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
コンタクト

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Translation(自動翻訳) 横型エキサイト版
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブログ内検索
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
アマゾン
スタバが好きです。