fc2ブログ

悪原至という後輩

後輩のCDがリリースされ、発売記念リサイタルに行ってきました



素晴らしい実力派パーカッショニスト、悪原至君のCD発売記念パーカッションリサイタルに行ってきました。
お知らせをいただいて以来とっても楽しみにしてました。




彼との出会いは国立音大のオペ研です。
モーツァルトのオペラを副指揮している時に彼の音に惚れ。
打ち上げの時に名刺交換しました。



私の耳は間違っていませんでした。

涼しい顔で、演奏はとてもロマンティスト。
呼吸が美しく、音楽の流れを自ら作り出していきます。
音のコントロールの正確さが彼の曲や楽器に対する愛を確信させてくれます。

柔らかい音からはっきりしたパッセージまで、本当に色彩豊かな演奏。

私の打楽器に対する先入観が完全に打ち砕かれました。
ヴィブラフォンもマリンバも、そして他の沢山の打楽器達も、彼が息を吹き込んでいく。

魔法のような時間でした。

疲れていたのに、全く睡魔に襲われず、身体の疲労感が抜けて心地よいです。

特に気に入ったのは、アンナ・イグナトヴィッツ作曲のトッカータ(Anna Ignatowitz:Toccata)。
ポーランドの作曲家による作品です。
『悲しみ』『絶望』と言った感情を、彼はこの歳でどれだけ感じてきたのか、と絶句するほど、哀しく、美しく…全身を包み込んでいく音楽に、私はただただ涙する他なかったのです。
もう一度聴きたい。
次のCDには是非いれていただきたいと思います。



今回のCD「悪原至×打楽器」は今日買おうと決めていたので、休憩時間に購入。貴重なサインもいただきました。




はっきり言って、これだけの演奏を毎日聴けてこの値段は、安いです。
是非お求めください。





あーーーー幸せ!!

後輩なんて言うのはおこがましい。
尊敬する演奏家です。

いつかまた共演が叶いますように!!


というわけで、落ち込むこともあるけど、わたし、元気です!

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

Profile

吉田拓人

Author:吉田拓人
吉田拓人
指揮者、声楽家。
東京都立青山高等学校を経て、国立音楽大学声楽専修卒業。指揮者コースにて学ぶ。
オーケストラアンサンブル金沢指揮者講習会にて井上道義氏に学び、優秀者コンサートに出演。
蝶々夫人、こうもり、カルメン、フィガロの結婚、ドンジョヴアンニ、魔笛等オペラにおいて様々な公演で副指揮、音楽スタッフとして活躍中。
また、指導者として、合唱、吹奏楽、ブラスバンド等多ジャンルで活動している。

本番情報
出演情報を載せていきます。
現在活動休止中
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
コンタクト

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Translation(自動翻訳) 横型エキサイト版
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
ブログ内検索
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
アマゾン
スタバが好きです。